ワインの種類は大きく4つ|絶対に押さえておくべき各ポイント

ワインの種類は大きく分けると4つになります。ワインを語るなら絶対に押さえておくべき各ポイントを解説していきます。
MENU

ワインの種類を知って知識を深めよう

色々な種類のワインが世界中にありますが、
「ワインの区分」と聞いて真っ先に重い浮かぶのが、
白ワイン・赤ワインなどの色による区分であるという方は少なくないと思います。

 

ですが、ワインは基本的に材料と作り方によって
「フレーバードワイン」「フォーティファイドワイン」「スパークリングワイン」
「スティルワイン」の4種に区分されています。

 

■スティルワインのタイプ

 

一般への流通量が一番多いのがこの「スティルワイン」であり、
発泡しないという特徴があります。
アルコール度数は9〜15度前後のものが多いです。

 

ロゼワイン・白ワイン・赤ワインなどと言われるものは、
このスティルワインに区分されます。

 

・ロゼ
・白ワイン
・赤ワイン

 

の3種について解説していきます。

 

 

1:赤ワイン

 

赤ブドウだけでなく、黒ブドウからも赤ワインを作ることが可能です。
ブドウの皮にはタンニンや色素が入っており、その皮も材料として用います。
そのため、赤ワインには特有の渋みがあり、色鮮やかなのです。

 

ラベルの「ボディ」をチェックすると渋みのレベルが分かります。
「フルボディ」が最も渋みが強いものであり、一番弱いものが「ライトボディ」、
その真ん中が「ミディアムボディ」となっています。

 

辛口のものが大半であり、濃い油の風味を渋みがリフレッシュしてくれます。
そのため、肉料理等には赤ワインがよくマッチしますよ。

 

2:白ワイン

 

赤ワインとは異なり、皮は使いません。果汁単独で発酵をさせます。
皮がなければブドウは色合いが淡いものですから、ワインもそのような色合いになります。
また、タンニンも控えめになります。

 

白ワインは味が多種多様であり、辛口も甘口も存在しています。
恐らく「シャドルネ種」がブドウの品種として一番ポピュラー。
生産者や気候次第でシャドルネ種そのものの風味も変わってくるので、
同じシャドルネ種を使った白ワインでも、地方ごとに特徴が出るのが魅力です。

 

 

ビギナーの皆さんの場合は、最初は甘口から味わうことを推奨します。
やっぱり甘口はすんなり飲めますからね。

 

そして、辛口なら魚料理とマッチしやすいです。
ただ、肉料理と一緒に楽しむのもなかなか面白いです。
白ワインと肉料理を合わせるのであれば、濃いソース的な味付けよりも、
塩系のあっさりした味付けのものが好まれる傾向にあります。

 

 

3:ロゼ

 

ロゼワインの主な作り方は3種類。

 

まずは「黒ブドウを使って赤ワイン的な製造方法で進め、
果汁だけを途中で除外する」という手法。
かすかに渋みが残り、色は濃くなります。

 

それから「黒ブドウを使って白ワイン的な製造方法で進める」という手法。
こちらは渋みがほぼ残らず、色も淡くなります。

 

あとは「白ブドウと黒ブドウを両方使って製造する」という手法も存在します。

 

ロゼワインには甘口も辛口もあり、あっさり系・こってり系の
どちらのメニューにもマッチさせることが可能です。
いわば「オールマイティー」ですので、白ワインと赤ワインのどちらを選ぶか迷った際は、
こちらのロゼワインも選択肢に入れることをおすすめします。

 

また、味噌や醤油とマッチするロゼワインもあります。
和食とマッチするロゼワインを見つけるのも楽しいですよ。

 

■スパークリングワインのタイプ

 

発泡性がある(シュワシュワする)ワインこそが「スパークリングワイン」です。
一般的には3気圧を超えるガス圧を有するワインをスパークリングワインを言います。

 

シャンパーニュ地域(フランス)の「シャンパーニュ」が
恐らく最も有名なスパークリングワインです。
ちなみに、このシャンパーニュは日本国内では、ほぼ「シャンパン」と呼ばれています。

 

まずは次の5つについて知っておきましょう。

 

・クレマン
・カバ
・プロセッコ
・スプマンテ
・シャンパン

 

1:シャンパン

 

シャンパーニュ地域にて製造され、厳格な品質基準を満たしているものだけに
「シャンパン」という名前を付けることが許されます。

 

ブドウもシャンパーニュ地域以外のものは使えません。
さらに、作り方もシャンパーニュ形式でなければなりませんし、
最低熟成期間なども決まっています。その他にも色々な条件が設けられています。

 

また、11度以上のアルコール度数でないと、
シャンパンには区分されません。

 

2:スプマンテ

 

「発泡性の」という日本語をイタリア語訳すると「スプマンテ」になります。
日本国内ではイタリア産のスパークリングワインをスプマンテと呼ぶ傾向にありますが、
実際には他の国のスパークリングワインもスプマンテに区分することが可能です。

 

 

イタリアのスプマンテは、地域ごとにかなりの個性があり、
甘口でマイルドなものもあれば、辛口でフルーティーなものも存在します。
恐らく最もポピュラーなのは「プロセッコ」であり、
世界単位で見ればシャンパンよりも販売数が多いです。

 

3:プロセッコ

 

ホワイトピーチや青リンゴの匂いが目立つワインです。
プロセッコは辛口でも、遠くのほうで甘さに気づくことができる場合が多く、
爽やかな酸味も感じ取れるワインです。
なかなか懐の深いワインであると言えそうですね。

 

4:カバ

 

カバはスペインのポピュラーなスパークリングワインです。
作り方はシャンパンと一緒ですが、リーズナブルですので、
本格的なスパークリングワインを楽しみたいのであれば、カバを選ぶと良いかもしれません。

 

ちなみに、シャンパンに関する明確な産地名称保護制度が整ったのは
1970年くらいのことであり、それまではカバの事もシャンパンと言っていたそうです。

 

5:クレマン

 

こちらもスパークリングワインであり「フランスのシャンパーニュではない場所」
で製造されていれば、クレマンと呼びます。
ブドウの熟成期間や品種等に関しては、地方ごとに違ったルールが存在しています。

 

クレマンの良さは繊細な風味と泡にあり、ワインの名前にはその産地が入ります。
一例として「クレマン・ド・ブルゴーニュ」は
ブルゴーニュにて製造されたワインということになりますね。

 

シャンパーニュと一緒でシャンパーニュ形式で作りますので、
地域別に味の違いを感じ取ってみてはいかがでしょうか。

 

■フォーティファイドワインのタイプ

 

「酒精強化ワイン」と言われることもあるのが、このフォーティファイドワインです。

 

アルコール(ブランデー等)をワインの醸造の最中に混ぜて、
ワインのアルコール度数をアップさせます。
保存性がアップしますし、コクが増して味わいが変わります。

 

 

主なフォーティファイドワインは↓の4種です。

 

・ポートワイン
・マルサラ
・シェリー
・マデイラ

 

1:マデイラワイン

 

96度のグレープ・スピリッツを混ぜることでアルコール度数をアップさせ、
熱を食わえて熟成して、特有の香りを出したワインです。

 

35〜50℃ほぼ乾燥炉内で90〜180日程度加熱処理して熟成させることもありますし、
日光の自然の熱を使って熟成させるケースもあります。

 

2:シェリー

 

アンダルシア地域(スペイン)の限定されたエリアでのみ
製造されたワインを「シェリー」と言います。
スペインでは「ビノ・デ・へレス」というネーミングになっていますが、
英語表記では「シェリー」になります。

 

3:マルサラ

 

シチリア島(イタリア)の歴史深いフォーティファイドワインです。
ティラミスに使用されるワインですので、
恐らくだいたいの人がいつの間にか味わったことがあると思います。

 

4:ポートワイン

 

ポルトガルのポピュラーなワインです。77度のブランデーを発酵の最中に混ぜて、
発酵をストップさせて、ブドウの果糖による甘さを残して完成させます。

 

 

■フレーバードワインのタイプ

 

スティルワインに甘味料、フルーツ、薬草などを混ぜて作るワインであり、
風味に個性を持たせることができます。
「サングリア」という万人受けしやすいワインがありますが、
これもフレーバードワインに分類されます。

 

 

フレーバードワインとしては↓の3つが有名です。

 

・レッチーナ
・ヴェルモット
・サングリア

 

1:サングリア

 

レモンやオレンジの果汁をワインに混ぜて作ります。
ポルトガルやスペインでは元々ポピュラーでしたが、
日本でもだんだん飲む人が多くなってきています。
見栄えの良さやフルーティーさが日本でもウケているということのなのでしょうね。

 

2:ヴェルモット

 

15種を超えるスパイスやハーブを白ワインに入れて作るワインであり、
スピリッツも混ぜます。フランスで誕生した辛口のヴェルモットや、
イタリアで誕生した甘口のヴェルモットなどがあります。

 

3:レッチーナ

 

レッチーナはギリシャの歴史深いワインです。風味は松脂で作りますのでかなり個性的。
そのため、味や匂いの強い料理ともマッチしやすいです。

 

「フランスやイタリアのものではないワインを味わいたい」
という場合はレッチーナを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

 

日本ではスパークリングワインやスティルワインがポピュラーだと思います。

 

ですが、世界に目を向ければフォーティファイドワインやフレーバードワイン等、
「ひと手間加えたワイン」があるわけです。
それらはもちろん日本にいても入手することができます。

 

最初は名称や差を理解するのが大変かもしれませんが、一回習得してしまえば、
より楽しくワインを味わうことができるようになりますよ。
イタリアワイン通信講座 口コミ

 

このページの先頭へ